ヒアロディープパッチの効果は?

目元のしわを改善する効果のポイントは?

 

目元のしわは、主に水分不足が原因で起きていると言われています

 

年齢と共に肌は乾燥しがちになり、十分な水分がなくなってしまうと、乾燥による目元のしわができやすくなってきます。

 

 

ですから、しっかり保湿できている状態にならなければ、目元のしわを改善する効果は期待できません。

 

逆にいえば、角質層までしっかり水分を保つための成分を届けてあげることができれば、効果は期待できるということになります。

 

 

目元のしわを改善するための効果のポイントは

 

目元が乾燥しないように保湿できていること
角質層まで潤いの成分が届くこと

 

この2つが大事になってきます。

 

 

なぜヒアロディープパッチは効果が期待できるのか?

 

では、この目元のしわを改善する効果があるための2つの条件を、ヒアロディープパッチが満たしているのかチェックしてみましょう。

 

 

1つ目の効果のポイント ・・・乾燥しないように保湿できている

 

 

水分を保つ保湿効果のある成分が、ヒアルロン酸です。

 

年齢と共に体内のヒアルロン酸は減少していくので、ヒアルロン酸が少なくなった肌は、水分を保持することができなくなり、保湿が十分にできていない状態になります。その状態を改善するためには、、ヒアルロン酸を補給してあげることが効果を出すポイントになります。

 

ちなみに、ヒアルロン酸1gには、6リットルもの水分を蓄える力があるそうです。

 

スキンケアにヒアルロン酸は欠かせないと言われていますが、こう聞くと本当にヒアルロン酸は効果を実感するために必要な成分なんだなと思いますよね。

 

 

では、ヒアロディープパッチはどうかといえば、ヒアルロン酸をしっかり含んでいるようです。これは、名前からも連想できますが、ヒアルロン酸をメイン成分にしています。

 

ちなみに、こんな成分がヒアロディープパッチには含まれています。

 

全成分

ヒアルロン酸Na、グリセリン、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス(ウマ由来)、アデノシン、マンニトール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、アスコルビン酸Na、トコフェロール、レチノール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ユビキノン、フェノキシエタノール、PEG-40水添ヒマシ油、レシチン、ダイズ油、リン酸Na、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

 

成分表でも、保湿効果のあるヒアルロン酸が一番最初に書かれています。

 

 

このようなことからも、ヒアロディープパッチには、1つ目の効果が出る条件となる、『保湿成分のヒアルロン酸がしっかり含まれている』という点は、十分満たしていると言っていいでしょう。

 

 

 

 

2つ目の効果のポイント ・・・角質層まで潤いの成分を届けること

 

 

ヒアルロン酸が十分に含まれていたとしても、それがしっかり角質層まで届かなければ、効果は期待できません。

 

ヒアルロン酸が入った目元のしわ対策の化粧品はたくさんありますが、効果があるかないかは、この角質層まで確実にヒアルロン酸が届くかどうかにあります。

 

 

では、ヒアロディープパッチはどうかというと、

 

 

ヒアロディープパッチは、ヒアルロン酸でできている針を刺して、その針自体が溶け、そのまま角質層にヒアルロン酸が浸透する仕組みになっています。

 

言葉だけだと、「針を刺して・・・」と心配になりますが、実際にはそんなに大げさなものではなく、痛くないので怖くないようです。公式サイトで実際の様子を見れば、どんな感じもものかも分かり、怖くないということは納得できると思います。

 

 

確かに、針で直接ヒアルロン酸を角質層まで届ければ、途中で成分が消えることなく、無駄なくしっかりとしたヒアルロン酸の効果が期待できますよね。

 

この2つ目の効果のポイントになる、角質層までしっかり成分を届けるという点は、特許技術だそうで、他にはないヒアロディープパッチだけの特徴と言えそうです。

 

 

気になる効果の早さがいつ頃でるのかですが、目元のしわの深さやタイプで個人差はあるようですが、早い方であれば翌日に潤いの効果を実感できるようです。

 

4回の使用で80%の方が何らかの変化を感じているという結果も出ています。